風の強い大安の昼は友人と

炎天下のアイスティーは何杯でも飲める
あなたが思う「教え子」と、みんなが考えている「手品師」は、もしかしたら全然違うのかも。そうやって想像すると、なんだか不思議じゃない?<ヘッダー>

泣きながらダンスする弟と霧

海辺がとっても近く、サーフィンのメッカとしてもものすごく有名な場所の歩いてすぐに住んでいます。
そうなので、サーフィンをする人は非常に多くいて、出勤の前に朝ちょこっとでも波乗りに行くという人も存在する。
そんなふうに、波乗りをしに行く人たちが多数いるので、一緒にサーフィンに行こうと言われる方も非常にあったのですが、いつも断っていました。
その理由は、私が、運動神経がにぶく、息継ぎできずに泳げないからです。
だけれども、泳げなくても大丈夫だと言われ、サーフィンをしてみたけれど行ったスポットは熟練者が波乗りに行く海で、テトラポッドが左右に置かれていて、スペースがごく狭い場所だった。
泳げない私は、パドリングをする筋力も無く、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

気どりながら走る友達と私
雑誌を眺めていたり街を歩いていると、美人だな〜と思う人は多い。
顔立ちは、標準的な美しさとは言えなくても、人目を引いたりオーラがあったり。
個人の雰囲気は、その人の内面かもしれない。
とても重要だと思う。
私が惹かれるのはアーティストの西野カナだ。
歌番組を見て、初めてインタビュー受けている姿を見た。
可愛い子!と見ずにいられない。
ふっくらしたほっぺに、体格も丁度いい感じ、淡い色がピッタリ似合う印象。
喋り方がほんわかしていて、方言もポイントが高い。
曲は割と聞いていたけれど、これを見てからそれ以上にファンになった。

陽の見えない休日の深夜はゆっくりと

午前0時を過ぎて、眠れないときは、家にあるDVDを集中して見てしまう。
先日選んだDVDは、「エスター」というタイトルの米映画だった。
ヒロインの、エスターは、しっかりものだけれどちょっと変わった9歳の少女。
ラストには予想もつかない結果が見られる。
それを観賞の半ばで、エンドが理解できる人がいるのか疑問なほど予想外の終わり方。
というのは、ドキドキとするわけでもなく、ただただゾッとするような結末だった。
映画は、目が冴えている私の真夜中の時間を濃い物にしてくれる。
その時は、常にジントニックなんかの甘いお酒も常に一緒なので、体重が増加するのが怖い。

気持ち良さそうに熱弁する彼女と冷たい肉まん
営業に出かけると、1週間ほど泊まり込みの場合もある。
その最中は、頑張ってる感はあるけれど、とても緊張しているので、2時間睡眠。
起床予定時間のずいぶん前にもかかわらず、目が覚める。
けれど、終わった時の解放感は大好き。
真剣に豪遊するし、眠れるし、食べる。

じめじめした日曜の早朝にこっそりと

ちかちゃんの恋人であるSさんの食品会社で、毎回梅干しをオーダーしている。
酔っぱらうと電話をかけてくれるSさんが可愛がっている部下でアルEくんは、言ってることが分からな過ぎてトークがかみ合わない。
素面のときの彼は、非常に照れ屋らしくあまり多くは話してくれない。
したがって、私はE君とは満足いくくらい話をしたことがない。

雹が降った木曜の夜明けに想い出に浸る
人によって、物の趣味や好みが存在すると思うが、それを聞いてみるのが大好き。
仲の良い子に質問してみたところ、お金、スベスベの下着、お母さんの事が大好きとの事。
さらに、男性の血管の出た手首。
それにドイツ語の巻き舌。
私には理解できない。
リンゴ飴、素肌の上に薄手のニット、軽い香水、声のかすれた男女が好きだと、伝えた。
同じように理解不能だとの事だった。
まさにこれは、フェチという分野だという。

具合悪そうに口笛を吹く君と読みかけの本

錦糸町の夜のお姉さんを見ると、プロ意識が高いなと思う。
というのは、磨き上げたルックス、マナー、努力を惜しまないところ。
お客に全て勘違いをしてもらわないで、夢を与えていると理解してもらいながら、太客になってもらう。
たまには、もしかするとコイツ、俺に本気かもしれないと気にしてもらう。
このバランスのとり方が、どの職業よりも、絶妙だ。
それよりも、私はナンバーワンのホステスさんたちの収入がとても気になる。

息もつかさず泳ぐ父さんと失くしたストラップ
山梨県は、フルーツ王国と言われるくらい、フルーツの栽培が行われている。
日本にはなかなか無い内陸県で八ヶ岳などの山々に囲まれている。
だから、漁業もできなければ、稲作もあまり盛んではない。
そこで、現在の山梨県を治めた柳沢吉保が、フルーツ栽培を提案したのだ。
他県に負けない名産が経済を潤すと考えたのだろう。
山と山の間の水はけの良さと、山国ならではの昼夜の気温の差は甘い果物を実らせる。

湿気の多い祝日の明け方は冷酒を

子供の3歳の誕生日が近いので、プレゼントをどういったものにするかを悩んでいる。
嫁と話して、体を使って遊ぶアスレチック系か知育玩具か着るものなどにするかを決めようとしている。
迷ってなかなか決まらないので、ものを見に行って選ぶことにしたけど、ピンとくるものがない。
だけど、こどもに遊ばせてみたら、以外とすぐに決めることができた。
秘密基地というおもちゃに夢中になったから、それに決めた。
ただ、今のマンションが小さいので、小さめの折りたたみ可能なやつに決めた。
販売価格もわりと安かったので、助かった。

凍えそうな休日の昼に熱燗を
ある日、沖縄本土に出張に行った。
当然めっちゃあつい!
ぴたっとしたカットソーの上から、ジャケット。
汗をかいてサウナ状態になりすぎて、上の背広はめちゃくちゃに。
宿泊先にまで到着して、洗濯機もなかったので石鹸で洗った。
次の日そのジャケットはストロベリーの香りが続いた。
上着がボロくなあるのではないかと心配したけれど、それでも洗った方が賢明だと思っていた。

カテゴリ